《経理事務代行について》


A.はい、お引受けしております。
記帳代行、税務申告は顧問税理士の方にご依頼頂き、記帳代行はじめアウトソーシングの部分だけをサポートさせて頂いております。


A.基本料金に含まれている毎月の処理納品は、月次処理報告書、損益計算書・貸借対照表・合算残高試算表です。
データでのお引渡しについても対応しておりますので御用命ください。
また決算後の納品は決算書と1年の試算表、損益推移表総勘定元帳です。
この他にも帳簿の出力は可能です。お客様のご希望で選んでいただけます。


A.ファイリングサービスをご希望のお客様につきましては、弊社でファイリングまで行うため、ほとんどの証憑書類については原本を送っていただく事が必要です。
支払いなどの業務に必要なものに関しましては、コピーを取ってお客様で保存・管理頂く事になりますが、業務の流れに応じて対応致しますのでご相談ください。


A.オプションサービスとなっております。
詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせページ


A.弥生株式会社の「弥生会計」を使っています。
その他のソフトの場合、特別な対応が必要になりますのでご相談ください。
出張サービスでの経理処理の場合には、その他のソフトでも対応可能な場合があります。


A.申し訳ございませんが、弊社は電話・メール・納品時のレポートできめ細やかなサポートをさせていただくことで、料金・サービス内容ともにお客様に安心してご利用いただくことを目指しておりますので、経理処理が起動に乗るまでは打ち合わせと資料受け取りを兼ねて伺わせていただく事がございますが、基本サービス内容に訪問による報告等は含んでおりません。
特別なご用件のある場合にはご連絡ください。必要に応じて業務担当者がお伺いします。


A.出来ます。
決算書・試算表の残高が確定しているところから弊社が会計処理を行ないます。
途中までの試算表が出来ていなければ期初からになります。
ただし、途中までの会計処理が不正確で大幅な修正が必要な場合、過月分の料金をいただく場合があります。


A.弊社ではそうしたお客様のために、1年分の経理をまとめて行っての決算申告を、申告2ヶ月前を目安にお受けしておりますが、通常のご利用料金とは異なりますので、まずはご相談ください。
ただし、時間的制約のため決算期直前の契約はお引き受けできない場合もあります。


A.勘定科目の判断は当社で行うため、お客様に勘定科目を指定する伝票を書いていただく必要はありません。
ただし領収書等の内容がわかるような情報は必要ですので、領収書等に取引内容の記載をお願いすることはあります。


A.基本プランでは、データ確認後 7営業日以内となっています。


A.原則的には、決算処理が終了するまでは当社で保管します。
決算処理が終了した時点で、決算書・総勘定元帳などの納品と一緒にご返却致します。
毎月ご返却を希望される場合はご相談ください。


A.当事務所メールとFAXでの資料のやり取りを基本としておりますので、全国どこでも均一の弊社サービスをご提供させていただきます。
なお、電話・メールでのご相談は随時受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。


A.会計事務所が運営する経理代行サービスです。決算も安心してお任せください。


A.毎月、節税対策には十分配慮して経理処理をします。
会計期間中に利益が出そうな場合はお知らせするばかりでなく、節税の対策をご提案します。



コメントは受け付けていません